ホーム > 学園生活 > 教職員のよしなしごと

2015年4月 教職員のよしなしごと

人見 敏史

2015年04月20日

015入学式を終え、早くも2週間が経とうとしています。
新入生、登校独修型の生徒は毎日元気に通学し、家庭独修型の生徒は教科書やレポートが自宅に届き、学習を始めたことでしょう。
今年度より、学年、コース、学習形態の枠を超えた“縦割りホームルーム”が誕生しました。まるで雑居ビルのようです。
早速、1組の家庭独修型の生徒達からは私の携帯電話に、レポートの進め方や提出期限等についての質問が入ってきました。
登校独修型の生徒からは、授業の用意や提出物の質問が入ってきます。
たまに私が電話の相手に「あれっ、何コースだったっけ???」と思ってしまうのも、縦割りホームルームの特徴のひとつでしょう。
生徒達にはこのホームルームの中で、いろいろな人間のいろいろな考え方に触発され、自分の感性を磨き、本校を卒業した後に、社会で大いに活躍してほしいと思います。
お互いを理解し、尊重し、協力し、充実した学校生活にしていきましょう。