ホーム > 学園生活 > 教職員のよしなしごと

2014年12月 教職員のよしなしごと

12_2-211月29日(土)に多度津町民会館で行われた禅林学園最大の行事である演武祭が終了しました。

今年は高等学校が開校してから2回目であると同時に、専門学校禅林学園高等部としては最後の演武祭でした。生徒たちは大きな舞台での演武に緊張しながらも、楽しみながら演武に取り組みました。
クラス演武ではそれぞれのクラスの個性が発揮される、見どころある演武を披露しました。A組は少林寺拳法を本校に入学してから始めた生徒が多数いるにもかかわらず、気合の入ったクラス演武を、B組は少林寺拳法経験者が多いということもあり、息の合った団体演武を披露してくれました。そして、高等部の3年生は最上級生らしい迫力のある堂々としたクラス演武を披露してくれました。また、自由演武も1ヶ月間の練習の成果が実り、どの組も力強い演武を披露できていました。
最後に、観客の皆さんにパワーを与えられるように小判校長指揮のもと、禅林学園の生徒、教員全員が一つになった全体基本を行いました。

生徒たちは今回の演武祭を通して、協力し団結することで生み出せるもののパワーと、全力で取り組むことの大切さを学んでくれたと思います。この演武祭だけで終わらせず、日常生活にも生かしてくれることを期待しています。