ホーム > 学園生活 > 教職員のよしなしごと > 【 時代は変わる 】

新着情報

2020年06月08日

【 時代は変わる 】

B組担任:人見

禅林学園に赴任したのは20代の終わりであった。月日は流れ、43歳となった今、若者の価値観がだんだんと理解できなくなってきている自分がいる。例えば流行の歌を聴いても、どこが良いのかサッパリ分からない。しかし、多くの若者がその曲に共鳴しているのだから、自分の感性がずれてきているのだろう。

僕はデザートを決してスイーツとは言わないしスパゲティをパスタと絶対に言わない。アヒージョもアクアパッツァも食べることはないと勝手に思っている。ここが問題で、食べたこともないのに最初から拒否している自分がいる。これはスマホのアプリを使いこなせていないのに、さも知ったか顔でスマホを否定するのと同じだろう。こだわりや思い込みを捨てない限り新しいものを受け入れられないのだと、遅ればせながらようやく分かり始めた気がする。

 かつて少年だった17歳の人見君が、今の僕を見たらどう思うだろうか・・・。話の分からない、つまらんオッサンだと思ったに違いないだろう。