ホーム > 学園生活 > 学舎の眺め

学舎の眺め

人が人を育てる心の教育空間

日々の学校生活などを随時、掲載していきます。

 

2月28日(土)

2015年02月28日

いよいよ明日は卒業式です。2015.2.28.100
本校は開校から2年目ですが、2年次へ転入してきた生徒が1名います。
2年間の在籍を経て今回、禅林学園高等学校から第1号の卒業生となります。

専門学校禅林学園高等課程の卒業生11名と卒業式のリハーサルを行いました。
高等課程は今回をもって閉課程となるため、今年が最後の卒業生です。

みんな緊張した様子です。
明日は卒業生にとって新たな出発の日。
しっかりみんなでお祝いしたいと思います。

2015.2.24.1002日間に渡って、放課後に基礎力診断テストを行いました。

今の自分の力を知り、今後の進路へ向けて各自で考えなければいけません。

来月には、単位認定試験も行われます。

今できることに精いっぱい取り組みましょう。

2015.2.23.100地元の幼稚園との交流会を行いました。

夏に体験学習でお邪魔して以来でしたが、今回は園児たちが学校まで来てくれました。

園児たちはすぐに打ち解けいろんなことに興味津々。

少林寺拳法部による演武の披露や、座禅の体験、ミット体験など、
お兄ちゃんお姉ちゃん達と楽しい時間を過ごしました。

お昼も食堂で一緒に食事をとりました。

見かけによらず、強面の生徒が意外にも園児に優しさをみせたり
気を使っている様子はなんだか新鮮でした。

最後は別れを惜しみつつ、みんなと握手してお別れしました。

2015.2.20.100今週は、家庭独修型2年生を対象としたスクーリングです。 

冬のスクーリングの特徴は、登校独修型の生徒と共に学校生活を送ること。
夏のスクーリングは8月の夏休み中なので、お互いに会うこともないのですが、
今回は一緒に授業を受けたり休み時間に会話したり・・・・・・。

朝は全員揃って修養から始まります。

普段正座をしていない生徒にとっては慣れない環境ですが、
 〝郷に入っては郷に従え〟
みんなしっかり集中できていました。

今回のスクーリングの一大イベント、家庭科の授業では、さぬきならではの
「うどん」を作りました。

粉と水の分量を間違えてしまうアクシデントがありましたが、太~い麺から
繊細な細い麺まで、それぞれの個性が表れたうどんが出来上がりました。

さぬきの冬の郷土料理、〝しっぽくうどん〟にしておいしくいただきました。

閉講式の校長挨拶では、国語の授業が始まりました。

「忘己利他(もうこりた)」

もう懲りた!!と言わずに人のために尽くすことを実行してみませんか。

普段、仕事をしている生徒たちなので、時間を守ること、時間を大切に使うことは
当たり前のこと。

全員がこの期間、無遅刻・無欠席でした。

とても意義のあるスクーリングでした。

第二次 入学試験 

2015年02月14日

2015_2_14_100本日は、第二次入学試験が行われました。
受験生は早めに受付を済ませ、それぞれの筆記試験・面接試験に臨むための最終チェックを緊張した様子でしていました。

今年の特徴は、香川県内からの受験生が増えていること。

最近は、中学校の先生や、保護者の方が頻繁に学校見学に来校されています。

随時、相談・見学に応じますので、興味のある方は学校までお問合せください。

書道作品展

2015年02月03日

2015_2_3_100書道の授業での作品です。

みんなそれぞれ 味のある作品に仕上がりました。

さっそく校舎1階のロビーに展示しました。

2015_1_30_100(1)家庭独修型1、3年生を対象のスクーリングが本日で終了しました。 

この5日間、登校独修型の生徒と一緒に授業を受けたり、体育をしたり、昼食を食べたり・・・・・。

日ごろ、生活環境の違う生徒同士がともに学ぶ姿は、とても充実しているように見えました。

お互い、いろんな影響を受けたのではないでしょうか。

この5日間、家庭独修型の生徒は、スクーリングに参加するために仕事やバイトを休んでいるので、もちろん欠席をする者は無く、きっちり時間を有効に使っていると感じました。

閉講式では、受講修了証と教員のメッセージが書かれた色紙が一人ひとりに渡されました。

最後に全員で記念写真。

みんな、とてもいい顔をして帰って行きました。