ホーム > 学園生活 > 学舎の眺め

2021年1月 学舎の眺め

令和2年度 講演会

2021年01月18日

 令和3年1月17日(日)専門学校禅林学園(現禅林学園高等学校)の卒業生である、伊原義晃さんを校舎にお招きし、「禅林生のみなさんへ」というテーマのもと、豊かな経験に基づく講演をしていただきました。

 禅林学園の入学を決めた理由、在学中経験したこと、卒業後の進路、社会人になって、建設、建築関係の仕事を通して・・・。と、先生の青春時代から人生観、社会人論まで、様々な内容のお話をしていただきました。「他人と過去は変えられないけれど、自分と未来は変えられる」自分たちの通う学校の卒業生、OBである伊原先生から放たれた言葉の数々は、きっと、生徒の心を響かせてくれたのではないでしょうか。

 講演の後は、学校駐車場でビス打ちや溶接などの体験授業を実施していただきました。生徒も、初めての経験に初めは緊張していましたが、体験授業が終わるころには「面白かった」「勉強になった」と笑顔で感想を述べていました。

 良い講演会を開催することができ、生徒、教職員一同大変うれしく思っています。伊原先生、ありがとうございました。

 全国的な大雪明けから、寒さも緩んだ快晴の下、校内マラソン大会を実施しました。「寒い」「だるい」「めんどー」と言う生徒がいない‼誰一人マイナスなことを言わない。明るい笑顔でスタートを待っている。集合した時点で、実施してよかった、成功したと確信しました。

 案の定、一生懸命走る生徒、マイペースで楽しそうに走る生徒、声をかけあい励まし合う生徒達の姿を見て、先生、職員みんな感動で大喜びでした。

 学校で寒い中頑張った生徒を労おうと、あたたかい豚汁をふるまい、美味しそうに食べる姿を見て、「やっぱり、うちの生徒はかわいいなァ」と改めて感動しました。コロナ話題で暗い世間に負けない、元気な雰囲気となり、思い切ってやってよかったと思いました。

教職員一同