ホーム > 学園生活 > 学舎の眺め

2019年12月 学舎の眺め

今年の12月31日で生徒会は満期を迎え、令和2年1月1日より新生徒会となります。

今年度の生徒会メンバーの皆さん、1年間お疲れ様でした。

12月20日、冬休み前日に、校長先生から新生徒会のメンバーへ委嘱状が渡されました。
生徒会長、副会長、会計、1月からの1年間、みんなで協力し良い学校にしていきましょう。

寮生活を送っている生徒は夏休み以来の帰省です。
親孝行に、バイトに、友達との再会など、きっと楽しい年末年始を過ごすのでしょう。
年明けにはまた、たくさんの土産話を聞かせてください。

令和元年 大掃除

2019年12月19日

今年も早いものであと数日・・・。明日のHRが終われば冬休みです。
令和2年を迎える前に、年末恒例、大掃除を行いました。

普段の掃除ではなかなか時間が足りなくて細かいところまでできていないので、今日はしっかり、じっくり時間の許す限り校舎の掃除しました。日ごろの感謝を込め、集中して取り組めましたね。
みんな床磨きをしっっかりとしてくれたので、教室はピカピカです。

家にかえってもしっかりお手伝いをし、親孝行に励んでください。

令和元年12月7日(土)サクラ―トたどつにて、禅林学園少林寺拳法演武祭が開催されました。ご来場いただいた皆様に感謝申し上げます。また、演武祭開催にあたりご協賛いただいた方々に厚く御礼申し上げます。いつも応援していただいている多度津町長様、教育長様、地域の方々、皆様にお力添えいただいたおかげで今年も無事に催すことができました。心より感謝申し上げます。

今年の演武祭のテーマは「和」。私たちは自分と違う他人と生活をしています。人と人とは違う、だから、それぞれが役に立つ。自分にはできないことをそれぞれが補いあい、活かしあい、共存する。そんな「和」を演武を通して表現するため、生徒、教員共々日々稽古を積んできました。

また、今回は芳賀・備中高松スポーツ少年団、多度津中学校、関西高校OB、岡山教員支部、大阪産業大学の拳士の皆様にご協力いただき迫力のある演武を披露してもらったり、丸亀市民吹奏楽団の皆様に演奏してもらったりと、非常に内容の濃い演武祭になりました。

沢山の方々の協力のもと、素晴らしい演武祭にすることができたと思います。生徒の皆さんも、この演武祭を通して、一回りも二回りも成長することができましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月23.24日 愛知県豊田市のスカイホール豊田で2019年少林寺拳法全国大会inあいちが開催されました。

本校からは高校生団体演武の部、高校生女子組演武の部の各1組ずつ合計6名が出場しました。

3年生にとって高校生活最後の大会になります。演武祭練習や演武発表が続き、忙しい毎日を送っていた中での練習は、なかなかハードだったと思います。時には集中が切れてしまう場面も見られました。ですが、主将を中心にお互い鼓舞しあいながら各々の力を精一杯だし、後輩も先輩に負けないよう練習に励んできました。禅林学園高等学校生徒心得の〝上級生は下級生の手本となり、下級生は上級生を見習う〟を体現していたと思います。

結果を発表します。

 

高校生団体演武の部 優秀賞(2位)

高校生女子組演武  敢闘賞(5位)

 

でした。

ご指導していただいた監督、稽古に励んだ生徒の皆さんお疲れ様でした。また、応援に来ていただいた父兄の皆様や関係者の皆様に、お礼申し上げます。

 次は演武祭です。最高の演武を披露しましょう。