ホーム > 学園生活 > 学舎の眺め

2019年6月 学舎の眺め

6月15日(土)と16日(日)の2日間、徳島県で四国高等学校少林寺拳法選手権大会が行われました。

会場が徳島県という事で、生徒は一泊してからの本選出場だったのですが、生徒はコンディションをしっかり整えて競技に臨むことができました。

 

本校からは先日の県総体の結果、男子4名、女子3名が出場しました。

結果は以下の通りです。

 

男子自由組演武 ・・・優勝

 男子自由単独演武・・・第2位

男子規定単独演武・・・第6位

  ☆男子総合2位☆

 

女子自由単独演武・・・優勝

 女子自由組演武 ・・・第2位

  ☆女子総合3位☆ でした。

次は香川県大会です。気を抜かず、頑張りましょう。

 

2019年6月1日

 

令和元年度香川県総体が坂出第一高校で開催されました。

朝、生徒の表情を見ていると、とてもリラックスしているように感じました。日頃の修練の賜物か・・・。

三年生は高校生活最後のインターハイ予選、毎日の練習を必死に頑張ってきました。今こそその成果を発揮するときです。

結果は、女子組演武の部1位、女子自由単独演武の部1位、男子組演武の部3位、男子規定単独演武の部3位、男子自由単独演武の部4位

という成績を収めました。

インターハイに出場する生徒は、出場出来なかった生徒の分まで頑張ってほしいと思います。今回の結果を糧にして、明日からの修練も頑張っていきましょう。