ホーム > 学園生活 > 学舎の眺め

2019年5月 学舎の眺め

令和元年5月12日(日)金剛禅総本山少林寺にある開祖の霊廟にて、法要を行いました。

5月12日は少林寺拳法の創始者であり、禅林学園の設立者でもある宗道臣先生の命日です。毎年、金剛禅総本山少林寺では法要が行われており、全国からたくさんの少林寺拳法関係者が参列されます。

生徒と教員全員が、厳粛な雰囲気の中、霊廟に線香をお供えし瞑目合掌を行いました。

開祖がいなければ、少林寺拳法はありませんでしたし、禅林学園も設立していません。皆さんと会うこともありませんでした。

この大切な縁を感じながら、今後の学校生活も頑張っていきましょう。