ホーム > 学園生活 > 学舎の眺め

2017年5月 学舎の眺め

講演会

2017年05月25日

本日は、元金剛禅総本山少林寺代表、現在一般社団法人SHORINJI KEMPO UNITY顧問の鈴木義孝先生をお招きし、講演会を行いました。

鈴木先生が開祖と出会う以前に勤務されていた高校教員時代の話から、少林寺拳法を始めることになったきっかけ、開祖との思い出深いお話など、開祖からいただいた教範を手に、色んなことをお話ししてくださいました。
人生経験豊富な鈴木先生のお話に、生徒達は興味津々。
講演後には「開祖は厳しかったですか?」とか「鈴木先生の今後の目標は何ですか?」など、生徒から質問がありました。
先生も、まだまだ話したいことはあるのに・・・と時間が経つのを名残惜しそうに講演会は終了しました。

スポーツ大会

2017年05月16日

スポーツ大会が行われました。
みんなの願いが通じ、とても爽やかな好天に恵まれました。

実行委員会のメンバーを中心に、競技種目や日程などについて協議した結果、今年は午前中にソフトボール、午後からはサッカーをすることに決まりました。
学年やコース関係なくチーム編成をし4チームで戦いました。

このスポーツ大会をはじめ、教室から離れた行事になると、意外にも大活躍する生徒が現れます。普段はおっとりしているのに、ボールを追いかける様は、まるで別人のようです。
前日まで風邪をひいていた生徒も、そんなことお構いなし。
紅一点の先生も生徒には負けてはいられません。大きな声とボールを追いかける姿は素敵でした。このあと数日は足腰の痛みに悩むのかもしれませんが・・・。

どの生徒もいろんな場面で活躍できたのではないでしょうか。
普段、教室で発表することもない生徒も、開会式や閉会式で、実行委員会として、日程説明やルール説明、成績発表など自分の役割をしっかりこなしました。

このスポーツ大会を通して、また団結力が深まったのではないでしょうか。
明日からの学校生活に活かせるよう期待していますよ。

5月12日は少林寺拳法の創始者であり、禅林学園の設立者でもある宗道臣先生の命日です。

毎年、金剛禅総本山少林寺では法要が行われており、全国からたくさんの少林寺拳法関係者が参列されます。
本校の生徒も本堂で行われた法要に参列しました。

法要後は、毎年恒例の多度津町内の清掃活動を行いました。

クラスごとに別れて多度津駅方面から多度津港の方まで、ゴミを拾ってまわりました。ペットボトルや壊れた傘、タバコやお菓子の袋・・・・・歩いてみると様々な種類と量でした。
少しは多度津町内の美化に貢献できました。

今日はとても気候の良い中での清掃活動。天気も晴ればれ、気持ちも晴ればれ☀
活動後の生徒達は、みんな輝いていました☆

今年、少林寺拳法は創始70周年を迎えます。ということで、様々な企画が準備されている中、今朝、学校にも70周年記念事業のPRのための〝のぼり〟が掲げられました。
みんなで盛り上げて記念の年にしましょう。