ホーム > 学園生活 > 学舎の眺め > 2017少林寺拳法世界大会inカリフォルニア

新着情報

4年に一度開催される少林寺拳法世界大会が7月29日、30日にアメリカ合衆国カリフォルニア州サンマテオ・カウンティ・イベントセンターで行われました。
昨年、大分県で開催された全国大会において、世界大会への出場権を得た田家涼太郎(平成29年3月卒業、現在愛知大学)が日本代表として出場して来ました。
彼は本校在学中、少林寺拳法部主将として部員をまとめながら、インターハイや選抜大会など各大会で成果をあげてきました。
そして今回の世界大会では、見事、男子単演有段の部で優勝を成し遂げました。
教職員、在校生も大喜びです。いよいよ今週末に迫ったインターハイに向けて、後輩たちは更に気合が入りました。