ホーム > 学園生活 > 学舎の眺め

2016年7月 学舎の眺め

2016.7.31全国高等学校総合体育大会に出場して来ました。
7月28日、ジップアリーナ岡山(岡山県総合グラウンド体育館)にて総合開会式が行われ、本校の生徒も堂々と香川県選手団として入場行進してきました。
インタビューされる少林寺拳法部主将田家君、毎回大会の度に注目される選手になりました。
翌日からは少林寺拳法専門部の開会式と競技が始まりました。
本校からは、男子単独演武、男子組演武、男子団体演武に出場しました。
予選、準決勝と進み、本校からの出場生徒全員が決勝に進むことが出来ました。
結果は・・・
 男子単独演武・・・第8位
 男子組演武・・・・第16位
 男子団体演武・・・第9位
入賞には一歩及びませんでしたが、仲間と共に学ぶことの多かった大会になりました。
翌日の四国新聞には、入賞ならずとも団体演武の記事が写真付きで掲載されていました。

また、今回の大会で同じ香川県から男子組演武で出場されていた高校生が全国優勝しました。同じ香川県選手としてとても嬉しく感じました。

心肺蘇生法講習会

2016年07月14日

2016.7.14心肺蘇生法講習会を行いました。
日本赤十字社の指導員の方の講習を受けながら、班ごとに分かれてAEDや人形を使って実践しました。各班まわってみると、先生の方が必死になってやっている班がありました。
毎年このような講習会を行っていますが、いざそういう場面に遭遇した場合、落ち着いて行動できるようにしたいものです。

2016.7.13中学校教員対象学校説明会を行いました。
毎年この時期に行っていますが、今年もまた、岡山県の校長先生をはじめ、地元の出身中学校の先生方が参加してくださりました。
久し振りに生徒に再会した先生方は、生徒の成長に驚かれていました。
学校生活について発表したり、少林寺拳法の演武を披露させていただいたり、生徒全員による毎朝恒例の修養を見ていただいたり・・・生徒達も照れくさそうにしつつも嬉しそうでした。
このような行事を通して、生徒もまた自分に自信をもって成長しています。
次回もまた、多くの先生方の参加をお願いいたします。

特別授業(茶道)

2016年07月12日

2016.7.12今日は、茶道教室を行いました。
2,3年次生は昨年度も行いましたが、1年次は初めて。とはいいながらも、先日、幼稚園の体験実習で園児とお茶会をしたので、その時を思い出して、先生の真似をしたり、先輩にひそひそと教えてもらったり・・・。
なんとなくサマになっていました。
みんな落ち着いて取り組めていました。

2016.7.7.1001年次が幼稚園に実習に行っている2日間、2年次、3年次は学校で特別授業をしていました。
すぐにエアコンに頼ってしまうこの時期ですが、3階の修練場は窓を開けると海から心地良い風が吹きこんできます。
「無(む)」になり座禅を組みました。
・・・30分経過・・・。長いと感じたのか、短いと感じたのか、みんなどうだったのでしょうか。

また今回の特別授業では、東日本大震災の映像も見ました。
同じ日本国内で起こった惨劇に、みんな真正面から現実を受け止めて、自分たちなりにいろいろ考えさせられたようです。

2016.7.77月6日、7日の2日間、地元の幼稚園に体験実習に行きました。
幼稚園の日常の補助として、絵本の読み聞かせや、プールでの補助、作品作りのお手伝い・・・などなど、みんな学校でいる時とは違った、意外な一面を見せながら、園児と過ごしました。
こちらの幼稚園では、茶道をとりいれています。本校でも昨年から茶道を学んでいますが、今回幼稚園にお邪魔した1年次生は、まだ茶道未経験の生徒です。園児から教えてもらって、見よう見まねでなんとか乗り切りました。
この幼稚園での経験を生かして更に一歩前に踏み出せたのでは・・・?