ホーム > 学園生活 > 学舎の眺め

2015年6月 学舎の眺め

2015.6.28少林寺拳法 香川県大会が行われました。
この大会は、小学生から大人まで24の種目があり、高校生以上は一般の部となります。
今回は、本校からは単独演武 有段の部で1名、段外の部で1名が出場しました。

6月上旬に行われた高校総体では、高校生ばかりなのは勿論ですが、男女も別でしたが、今回は同じ種目の中に、高校生や大学生、大人もいたり、更には男女も混ざっています。

今回出場した2名は、高校総体では審査委員の補助としてスタッフで参加し、大会の雰囲気を感じてはいましたが、別の種目で小学生が一所懸命演武をしている姿を見て、和やかになってみたり、我に返って緊張してみたり・・・・・
2人ともそれぞれ、自分たちが今まで修練してきた成果を出し切りました。

結果は、単独演武 一般有段の部 最優秀、そして段外の部でも最優秀をいただきました。

さらに学校のロビーが華やかになりました。

選手の2人は勿論のこと、前日から会場準備で関わった生徒、そして当日も一日中スタッフとして働いた生徒達、みんなよく頑張りました。
今回のスタッフの中には、先日四国大会で優勝した生徒もいました。彼はいよいよ1ヶ月後、インターハイです。みんな揃って熱い夏になりそうです。

日課

2015年06月26日

2015.6.26
昨年に引き続き、毎朝全員で修養を行っています。
梅雨のじめじめした時期ですが、みんな集中しています。
1年もすっかり禅林生らしくなりました。

 

高校総体  四国大会

2015年06月21日

2015.6.212週間前の 高校総体 香川県大会で、見事優勝した生徒が
6月20日、21日に行われた 第10回 四国高等学校少林寺拳法選手権大会に出場しました。

会場は徳島県の うだつアリーナです。
大きな会場を目の当たりにしても動じない彼はさすがです。
四国内の強豪校相手に今回も「男子自由単独演武の部」優勝しました。

前回の県大会のトロフィーと並べて賑やかになりました。

彼の次の舞台は兵庫県立武道館です。
暑い夏がやってきそうです。

禅林検定

2015年06月13日

2015.6.13今日は「第1回禅林検定」です。
その名の通り、本校オリジナルの検定です。
各教科担当が事前に課題を出し、その中から問題が出されました。

初めての試みのこの検定に、先生も生徒もドキドキ。
校長先生が作った敬語の問題や、日本の文学作品など、これを機会に興味を持った人もいるのではないでしょうか。

学年を超えての全員共通問題のこの検定は、良い刺激になりましたか?
次回も、趣向を凝らしたこの検定に、乞うご期待。

高校総体 香川県大会

2015年06月06日

2015.6.8第55回 香川県高等学校総合体育大会 少林寺拳法競技が行われました。

今年度より、本校は高等学校体育連盟に加盟し、今回が初めての大会出場です。
今回は、男子単独自由演武の部に2名エントリーしました。
他校の生徒の人数や迫力にも負けず、2名の生徒は平常心を保ち、順調に決勝に勝ち進みました。

見事、1名は優勝。もう一人はわずか1点差で入賞ならず。
それでも初めての大会に向けて仲間と共に努力してきた日々は次へのステップになったことでしょう。

優勝した生徒は、四国大会とインターハイ(第42回全国高等学校少林寺拳法大会)への出場が決定しました。

今回の大会では、審査委員の補助員として、少林寺拳法部から4名の生徒も参加した他、応援団として数名の生徒も駆けつけていました。
今回出場した生徒の勇姿を見て、みんなそれぞれ得るものがあったのではないでしょうか。

後日、学校では大会の報告会が行われました。