ホーム > 学園生活 > 学舎の眺め

2015年5月 学舎の眺め

チャレンジデー

2015年05月27日

2015.5.27今日は、チャレンジデーです。
毎年5月の最終水曜日に世界中で実施されている住民参加型のスポーツイベントです。
人口規模がほぼ同じ自治体同士が、15分以上何らかの運動をした人の参加率を競い合います。
毎年、多度津町はこのイベントに参加しており、今年の対戦相手は宮城県七ヶ浜町です。

少林寺拳法グループでは例年、全員そろって運動をしています。
今年は、少林寺拳法の要素を取り入れた軽運動を行いました。
曲に合わせてノリノリの生徒もいました。

昨日から30度を超える真夏日となっていますが朝一番、清々しく爽やかな風が吹く中での運動は気持ちがいいものです。

 

※後日、参加率が発表され、多度津町は 60.8%で勝利しました❀

スポーツ大会

2015年05月22日

2015.5.22とても過ごしやすい気候の中、毎年恒例の スポーツ大会が行われました。

場所は、校舎から少し離れた場所にある山の上。多度津山サッカー場です。

現地集合でしたが、いつにもなく気合の入った生徒達は遅刻をすることもなく集合しました。

午前中はソフトボールです。
校長先生も、バットを持ち参加しました。

午後からはサッカーです。
ソフトボールは苦手だった生徒が、サッカーでは大活躍したり、思いのほか、1年生がみんなサッカー大好きだったり・・・。

スポーツ大会が終わるころには、みんな日焼けしてこんがりでした。

2015.5.22.100

余談ですが、今日、全国的に「環水平アーク」と呼ばれる太陽の光が屈折して虹色に輝く珍しい現象がみられました。
ここ、多度津でもくっきり見ることが出来ました。

 

講演会

2015年05月16日

2015.5.16本日は、前金剛禅総本山少林寺代表 鈴木義孝先生を講師にお招きし、講演会を行いました。

テーマは、「少林寺拳法創始者 宗道臣先生とのおもいで」です。

鈴木先生は、16年間、中学・高校の教員として活躍された後、少林寺拳法本部に来られ、本校の設立者でもある 宗道臣先生から直接、少林寺拳法の指導を受けられた方です。

宗道臣先生が、慈悲心と勇気と正義感の強い人間を一人でも多く作り、祖国復興に役立つ人間を育成するために私学校を開こうと思い立った話を聞いた生徒達は、自分たちの学校の歴史を知り、この学校で学ぶための志を再認識したようです。

2015.5.105月12日は少林寺拳法の創始者であり、禅林学園の設立者でもある宗道臣先生の命日です。

本日は、金剛禅総本山少林寺で行われた法要に参加しました。
少林寺拳法の道院長・部長監督研修会も行われていたため、たくさんの先生方と一緒に参加しました。
中には、本校の生徒がお世話になった先生方もいらっしゃいました。

法要後は、多度津町内の清掃活動を行いました。
とても気候の良い絶好の行楽日和。・・・いや、清掃活動日和で、眺める景色や流れる川の音、この心地良さは、歩いてみないと経験できないものです。
歩いてみると、町にはたくさんゴミが落ちています。
ペットボトルや煙草の吸殻は当たり前のように落ちています。
ホームルームごとに分かれて多度津駅方面から多度津港の方まで、2時間かけて活動しました。
多度津町内の美化に貢献できました。

全校集会

2015年05月07日

2015.5.7ゴールデンウイークが終わり、昨日、寮生たちは戻ってきました。
みんなどんな連休を過ごしたのでしょうか。

今日は全校集会。
もちろん朝一番には、修養(座禅)も行いました。
一年生も随分慣れてきました。

夏休みまでの間、また学問に部活動に、いろいろな行事に・・・・・
どんどん自分に磨きをかけていきましょう。