ホーム > 学園生活 > 学舎の眺め > 全国高等学校少林寺拳法選抜大会

新着情報

2016.3.273月25日~27日まで、善通寺市民体育館において全国高等学校少林寺拳法選抜大会が行われました。

本校からは、男子自由単独演武と、男子団体演武が見事予選を通過し、今日の決勝へと挑みました。
惜しくも男子自由組演武に出場していた二組は決勝へ進むことは出来ませんでしたが、そのぶん、団体演武に集中し、禅林学園高等学校始まって以来の入賞を目指してみんなで気持ちを高めました。

結果は、男子自由単独演武で田家涼太郎が4位入賞。
男子団体演武(佐藤・田家・中山・村上・鶴保・松本・阿蘓品・加地)は6位入賞。
決勝に進出したどちらもとも入賞を果たすことができました。

この3日間、他校の生徒との交流もあり、良い刺激になったのではないでしょうか。
他校の生徒から毎日の練習メニューを質問されたり、新聞社から取材を受けたり・・・・・全国大会ともなると演武以外の緊張もあったようです。

今年度から高等学校体育連盟に加盟し、様々な大会に出場して来ましたが、1年の終わりに良い締めくくりが出来ました。
また4月から新入生を迎えて新たな気持ちで臨みましょう。