ホーム > 学園生活 > 学舎の眺め > 令和元年 前期集中スクーリング

新着情報

9月2日から9月6日にかけて、家庭独修型生徒前期集中スクーリングが開催されました。

 普段、家庭独修型の生徒の皆さんは、仕事等の活動とレポート学習との両立に励んでいることと思います。疲れて帰ってきた後にレポートと向き合うことは、なかなか大変なことでしょう。ですが、今年度からこのHPにレポートのヒントを掲載していることもあり、昨年度と比べレポートの提出率はあがっているような気がします。

「自学自習」という、同じような学習環境にいる仲間と一緒に学習に励むことができる集中スクーリングは、短い期間ではありますがとても有意義な時間になったのではないでしょうか。仕事とはまた違った疲れがあると思いますが、皆さん本当に頑張ってくれました。

スクーリング初日は、久しぶりに会うクラスメイトが多かったこともあり、静かだなという印象を受けましたが、最終日には初日の静かさが嘘のようなにぎやかさを見せてくれました。きっと教員や生徒間での活発な交流があったのだと思います。とはいっても、期間中は面接授業やテストのオンパレードのため、中々ハードな5日間だったと思いますが、生徒一人一人の成長を感じることができ、教職員一同嬉しく思っています。

次に皆さんと会うのは来年1月に行われる後期集中スクーリングです。

仕事と勉強の両立は大変厳しいと思いますが、次回スクーリングもこの調子で頑張ってほしいと思います。今回受講できなかった家庭独修型の生徒の皆さんも、後期はしっかりとレポートを出し必ず受講できるようにしまょう。早め早めの取りかかりが肝心です!自分に負けるな!