ホーム > 学園生活 > 学舎の眺め

学舎の眺め

人が人を育てる心の教育空間

日々の学校生活などを随時、掲載していきます。

 

1月17日 毎年恒例のマラソン大会が桃陵公園にて催されました。

前日の予報では降水確率40%だったため、もしかしたら道場で少林寺拳法の授業になるかもしれないと心配していましたが、当日は天気も崩れることなく無事に終わりました。

自分のペースを守り黙々と走る生徒、日頃の運動不足を後悔する生徒、良いタイムを目指し駆け抜けていく生徒。様々な姿が見られましたが、みな完走を目指し頑張っていました。

3年生はこの行事で授業終了となり自由登校期間に入ります。次回登校日は2月末ですので、次のステージに向けて自己研鑚に励んでください。

1月10日(金)登校独修型3年次生の最後の体育の授業が行われました。

普段は眠そうにしている生徒のみなさんも、体育の時は笑顔です。

この日はソフトバレーボールとバドミントンを行い、クラスや学年など分け隔てなく授業をたのしみました。

来週はテストやマラソン大会が実施されます。自分に妥協せず最後まで頑張り、良い思い出を作ってください。

 

今年の12月31日で生徒会は満期を迎え、令和2年1月1日より新生徒会となります。

今年度の生徒会メンバーの皆さん、1年間お疲れ様でした。

12月20日、冬休み前日に、校長先生から新生徒会のメンバーへ委嘱状が渡されました。
生徒会長、副会長、会計、1月からの1年間、みんなで協力し良い学校にしていきましょう。

寮生活を送っている生徒は夏休み以来の帰省です。
親孝行に、バイトに、友達との再会など、きっと楽しい年末年始を過ごすのでしょう。
年明けにはまた、たくさんの土産話を聞かせてください。

令和元年 大掃除

2019年12月19日

今年も早いものであと数日・・・。明日のHRが終われば冬休みです。
令和2年を迎える前に、年末恒例、大掃除を行いました。

普段の掃除ではなかなか時間が足りなくて細かいところまでできていないので、今日はしっかり、じっくり時間の許す限り校舎の掃除しました。日ごろの感謝を込め、集中して取り組めましたね。
みんな床磨きをしっっかりとしてくれたので、教室はピカピカです。

家にかえってもしっかりお手伝いをし、親孝行に励んでください。

令和元年12月7日(土)サクラ―トたどつにて、禅林学園少林寺拳法演武祭が開催されました。ご来場いただいた皆様に感謝申し上げます。また、演武祭開催にあたりご協賛いただいた方々に厚く御礼申し上げます。いつも応援していただいている多度津町長様、教育長様、地域の方々、皆様にお力添えいただいたおかげで今年も無事に催すことができました。心より感謝申し上げます。

今年の演武祭のテーマは「和」。私たちは自分と違う他人と生活をしています。人と人とは違う、だから、それぞれが役に立つ。自分にはできないことをそれぞれが補いあい、活かしあい、共存する。そんな「和」を演武を通して表現するため、生徒、教員共々日々稽古を積んできました。

また、今回は芳賀・備中高松スポーツ少年団、多度津中学校、関西高校OB、岡山教員支部、大阪産業大学の拳士の皆様にご協力いただき迫力のある演武を披露してもらったり、丸亀市民吹奏楽団の皆様に演奏してもらったりと、非常に内容の濃い演武祭になりました。

沢山の方々の協力のもと、素晴らしい演武祭にすることができたと思います。生徒の皆さんも、この演武祭を通して、一回りも二回りも成長することができましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月23.24日 愛知県豊田市のスカイホール豊田で2019年少林寺拳法全国大会inあいちが開催されました。

本校からは高校生団体演武の部、高校生女子組演武の部の各1組ずつ合計6名が出場しました。

3年生にとって高校生活最後の大会になります。演武祭練習や演武発表が続き、忙しい毎日を送っていた中での練習は、なかなかハードだったと思います。時には集中が切れてしまう場面も見られました。ですが、主将を中心にお互い鼓舞しあいながら各々の力を精一杯だし、後輩も先輩に負けないよう練習に励んできました。禅林学園高等学校生徒心得の〝上級生は下級生の手本となり、下級生は上級生を見習う〟を体現していたと思います。

結果を発表します。

 

高校生団体演武の部 優秀賞(2位)

高校生女子組演武  敢闘賞(5位)

 

でした。

ご指導していただいた監督、稽古に励んだ生徒の皆さんお疲れ様でした。また、応援に来ていただいた父兄の皆様や関係者の皆様に、お礼申し上げます。

 次は演武祭です。最高の演武を披露しましょう。

 

 

令和元年11月3日(日)少林寺拳法連盟中讃ブロック大会が行われました。

本校からは6名の生徒がそれぞれ組演武の部へ出場しました。

1人1人が目標を持ち、仲間として、またライバルとして励まし合い指導し合いながら練習に励んできました。

 

結果は以下の通りです。

 

◇組演武高校生有段の部 優秀   (第2位)

 

11月23日には愛知県で全国大会があります。各々課題も見つかったと思いますので、気合いを入れて頑張っていきましょう。

 

令和元年度11月2日(土)香川県高等学校新人大会少林寺拳法競技が開催されました。

3年生のいない新チームで挑むこの大会。

先輩の指導の元、1、2年生は必死に練習を行ってきました。

その先輩が会場内で見守る中、出場生徒は持っている力を十分発揮し、良い演武を見せてくれました。

 

結果は以下の通りです。

◆男子自由単独演武 第2位

◆女子自由単独演武 第2位

 

★女子総合3位

 

男子自由単独演武、女子自由単独演武、2名が、来年3月に行われる全国選抜大会の出場権を得ました。次は自分たちが後輩を引っ張っていく番です。沢山の経験を積み、下級生の手本となるような大きな存在になることを期待します。

 10月6日(日)金剛禅総本山少林寺主催の行事、「達磨祭」に合わせ、禅林学園高等学校の文化祭「禅林祭」が行われました。

 当日はさわやかな秋晴れとなり、終日多くの人でにぎわいました。禅林学園からは「Café」「ハーバリウム作り体験」「スライム作り体験」「人間シャボン玉体験」の4ブースを行うこととなり、それぞれ時間をかけて計画をたて、準備を行ってきました。遠路から保護者も駆けつけてくださり、各ブース運営のお手伝いをして頂きました。ありがとうございました。

 達磨祭では、おいしいものがあふれる屋台・物産店やワークショップ、お化け屋敷など、生徒達も空き時間に楽しんだようです。

 風の影響でシャボン玉ができなくなるというトラブルはありましたが、生徒は臨機応変に対応し、その他のブースの手伝いを行ってくれました。

 終止和やかな雰囲気のまま終わることができ、良い禅林祭だったなと思います。

 

9月2日から9月6日にかけて、家庭独修型生徒前期集中スクーリングが開催されました。

 普段、家庭独修型の生徒の皆さんは、仕事等の活動とレポート学習との両立に励んでいることと思います。疲れて帰ってきた後にレポートと向き合うことは、なかなか大変なことでしょう。ですが、今年度からこのHPにレポートのヒントを掲載していることもあり、昨年度と比べレポートの提出率はあがっているような気がします。

「自学自習」という、同じような学習環境にいる仲間と一緒に学習に励むことができる集中スクーリングは、短い期間ではありますがとても有意義な時間になったのではないでしょうか。仕事とはまた違った疲れがあると思いますが、皆さん本当に頑張ってくれました。

スクーリング初日は、久しぶりに会うクラスメイトが多かったこともあり、静かだなという印象を受けましたが、最終日には初日の静かさが嘘のようなにぎやかさを見せてくれました。きっと教員や生徒間での活発な交流があったのだと思います。とはいっても、期間中は面接授業やテストのオンパレードのため、中々ハードな5日間だったと思いますが、生徒一人一人の成長を感じることができ、教職員一同嬉しく思っています。

次に皆さんと会うのは来年1月に行われる後期集中スクーリングです。

仕事と勉強の両立は大変厳しいと思いますが、次回スクーリングもこの調子で頑張ってほしいと思います。今回受講できなかった家庭独修型の生徒の皆さんも、後期はしっかりとレポートを出し必ず受講できるようにしまょう。早め早めの取りかかりが肝心です!自分に負けるな!