ホーム > 学園生活 > 学舎の眺め

学舎の眺め

人が人を育てる心の教育空間

日々の学校生活などを随時、掲載していきます。

 

令和元年11月3日(日)少林寺拳法連盟中讃ブロック大会が行われました。

本校からは6名の生徒がそれぞれ組演武の部へ出場しました。

1人1人が目標を持ち、仲間として、またライバルとして励まし合い指導し合いながら練習に励んできました。

 

結果は以下の通りです。

 

◇組演武高校生有段の部 優秀   (第2位)

 

11月23日には愛知県で全国大会があります。各々課題も見つかったと思いますので、気合いを入れて頑張っていきましょう。

 

令和元年度11月2日(土)香川県高等学校新人大会少林寺拳法競技が開催されました。

3年生のいない新チームで挑むこの大会。

先輩の指導の元、1、2年生は必死に練習を行ってきました。

その先輩が会場内で見守る中、出場生徒は持っている力を十分発揮し、良い演武を見せてくれました。

 

結果は以下の通りです。

◆男子自由単独演武 第2位

◆女子自由単独演武 第2位

 

★女子総合3位

 

男子自由単独演武、女子自由単独演武、2名が、来年3月に行われる全国選抜大会の出場権を得ました。次は自分たちが後輩を引っ張っていく番です。沢山の経験を積み、下級生の手本となるような大きな存在になることを期待します。

 10月6日(日)金剛禅総本山少林寺主催の行事、「達磨祭」に合わせ、禅林学園高等学校の文化祭「禅林祭」が行われました。

 当日はさわやかな秋晴れとなり、終日多くの人でにぎわいました。禅林学園からは「Café」「ハーバリウム作り体験」「スライム作り体験」「人間シャボン玉体験」の4ブースを行うこととなり、それぞれ時間をかけて計画をたて、準備を行ってきました。遠路から保護者も駆けつけてくださり、各ブース運営のお手伝いをして頂きました。ありがとうございました。

 達磨祭では、おいしいものがあふれる屋台・物産店やワークショップ、お化け屋敷など、生徒達も空き時間に楽しんだようです。

 風の影響でシャボン玉ができなくなるというトラブルはありましたが、生徒は臨機応変に対応し、その他のブースの手伝いを行ってくれました。

 終止和やかな雰囲気のまま終わることができ、良い禅林祭だったなと思います。

 

9月2日から9月6日にかけて、家庭独修型生徒前期集中スクーリングが開催されました。

 普段、家庭独修型の生徒の皆さんは、仕事等の活動とレポート学習との両立に励んでいることと思います。疲れて帰ってきた後にレポートと向き合うことは、なかなか大変なことでしょう。ですが、今年度からこのHPにレポートのヒントを掲載していることもあり、昨年度と比べレポートの提出率はあがっているような気がします。

「自学自習」という、同じような学習環境にいる仲間と一緒に学習に励むことができる集中スクーリングは、短い期間ではありますがとても有意義な時間になったのではないでしょうか。仕事とはまた違った疲れがあると思いますが、皆さん本当に頑張ってくれました。

スクーリング初日は、久しぶりに会うクラスメイトが多かったこともあり、静かだなという印象を受けましたが、最終日には初日の静かさが嘘のようなにぎやかさを見せてくれました。きっと教員や生徒間での活発な交流があったのだと思います。とはいっても、期間中は面接授業やテストのオンパレードのため、中々ハードな5日間だったと思いますが、生徒一人一人の成長を感じることができ、教職員一同嬉しく思っています。

次に皆さんと会うのは来年1月に行われる後期集中スクーリングです。

仕事と勉強の両立は大変厳しいと思いますが、次回スクーリングもこの調子で頑張ってほしいと思います。今回受講できなかった家庭独修型の生徒の皆さんも、後期はしっかりとレポートを出し必ず受講できるようにしまょう。早め早めの取りかかりが肝心です!自分に負けるな!

8月1日~4日、全国高等学校総合体育大会(インターハイ)が催されました。

今年の開催地は九州、宮崎県宮崎市です。生徒は7月31日に香川県を出発し、船に揺られバスに揺られ…。約450kmの長旅を経て会場入りしました。

本校少林寺拳法部からは、女子自由単独演武、女子自由組演武、2組の出場。結果は、

 

女子自由単独演武・・・第8位

女子自由組演武 ・・・出場

 

 入賞はできませんでしたが、日頃の修練の成果を全国大会の舞台で発揮でき、悔いなく終えることが出来ました。

 11月には少林寺拳法全国大会が愛知県にて開催されます。今回の大会を通して教員や生徒が各々の課題を見つけることができましたので、これからの修練で生徒と共に向上していき結果につなげたいと思います。

皆さん、応援ありがとうございました。

 

6月15日(土)と16日(日)の2日間、徳島県で四国高等学校少林寺拳法選手権大会が行われました。

会場が徳島県という事で、生徒は一泊してからの本選出場だったのですが、生徒はコンディションをしっかり整えて競技に臨むことができました。

 

本校からは先日の県総体の結果、男子4名、女子3名が出場しました。

結果は以下の通りです。

 

男子自由組演武 ・・・優勝

 男子自由単独演武・・・第2位

男子規定単独演武・・・第6位

  ☆男子総合2位☆

 

女子自由単独演武・・・優勝

 女子自由組演武 ・・・第2位

  ☆女子総合3位☆ でした。

次は香川県大会です。気を抜かず、頑張りましょう。

 

2019年6月1日

 

令和元年度香川県総体が坂出第一高校で開催されました。

朝、生徒の表情を見ていると、とてもリラックスしているように感じました。日頃の修練の賜物か・・・。

三年生は高校生活最後のインターハイ予選、毎日の練習を必死に頑張ってきました。今こそその成果を発揮するときです。

結果は、女子組演武の部1位、女子自由単独演武の部1位、男子組演武の部3位、男子規定単独演武の部3位、男子自由単独演武の部4位

という成績を収めました。

インターハイに出場する生徒は、出場出来なかった生徒の分まで頑張ってほしいと思います。今回の結果を糧にして、明日からの修練も頑張っていきましょう。

 

令和元年5月12日(日)金剛禅総本山少林寺にある開祖の霊廟にて、法要を行いました。

5月12日は少林寺拳法の創始者であり、禅林学園の設立者でもある宗道臣先生の命日です。毎年、金剛禅総本山少林寺では法要が行われており、全国からたくさんの少林寺拳法関係者が参列されます。

生徒と教員全員が、厳粛な雰囲気の中、霊廟に線香をお供えし瞑目合掌を行いました。

開祖がいなければ、少林寺拳法はありませんでしたし、禅林学園も設立していません。皆さんと会うこともありませんでした。

この大切な縁を感じながら、今後の学校生活も頑張っていきましょう。

2019年4月9日

春らしい陽気の中、登校独修型生徒を対象にレクリエーション(遠足)を行いました。

場所は海岸寺の奥の院と海岸寺です。

目的地までの道中、友達や先輩、後輩、先生との会話はもちろんのこと、地元の人にもあいさつを欠かさず、景色も楽しみながら歩きました。

海岸寺の奥の院で桜を満喫しながら少しの休憩をとり、海岸へ向かいみんなでお弁当を食べました。

帰りの道中も元気に笑顔で歩いており、

普段の教室や道場での表情とは違う皆さんを見ることができました。

平成31年度 入学式

2019年04月08日

4月6日、金剛禅総本山少林寺 本堂にて、平成31年度入学式が開催されました。

多度津町長をはじめ新入生の出身中学校の先生、少林寺拳法グループからもたくさんのご来賓の方々に参列していただき、厳粛な式となりました。

寮に入る生徒もいれば、自宅から毎日自転車、電車で通う生徒もいます。

みんな、「何かを変えたい、成長したい」と思ってこの学校に入学してきてくれたと思います。

初めは慣れないことばかりで大変かと思いますが、困ったときは先生や先輩を頼ってください。

自分の本領をみつけ、成長していくことができるような有意義な高校生活を送りましょう。