ホーム > 学園生活 > 学舎の眺め

学舎の眺め

人が人を育てる心の教育空間

日々の学校生活などを随時、掲載していきます。

 

H30年度 演武祭

2018年12月04日

平成30年 12月1日(土)サクラ―トたどつにて、禅林学園少林寺拳法演武祭が開催されました。ご来場いただいた皆様に感謝申し上げます。また、演武祭開催にあたりご協賛いただいた方々に厚く御礼申し上げます。いつも応援していただいている多度津町長様、教育長様、地域の方々、皆様にお力添えいただいたおかげで今年も無事に催すことができました。心より感謝申し上げます。

生徒のみなさんは演武祭に向けての練習を約1か月ほど前から行っていました。準備やリハーサルの段階では「どうなることやら」と感じていましたが、当日はピシッと気合が入った演武を見せてくれました。教員もこの日の為に修錬に打ち込んでおり、迫力のある背中を生徒に見せることができたと思います。

禅林学園の「愛と力」をしっかりと表現した一日になりました。

11月1日(木)に平成30年11月度講演会が催されました。

今回の講演会は、少林寺拳法グループの総裁であり、本学園の理事長でもある宗由貴(そうゆうき)先生を講師とし、「人は人を幸せにするために生まれてくる」というテーマで講話をして頂きました。

中々会う機会のない理事長の話が聞けるということで、生徒は少しそわそわしていましたが、話が始まるとみんなぐっと引き込まれていましたね

自身の人生の話から社会の話まで幅広い内容で、1時間があっという間に感じる講演会でした。

「周りの環境に責任を問うのではなく、今の自分に何ができるのか考え続けることが大切」

今日のお話を各々自分の中に落とし込み、これからを生きる糧にしたいと思います。

 

 

10月13日 第66回全国高等学校定時制通信制生徒生活体験発表大会香川県予選会があり、本校から登校独修型C組2年の藤田天河君が出場しました。

「新しい自分との出会い」をテーマに堂々と発表し、見事優秀賞に輝き、講評において「あなたの声は、優しく、美しく、力がある」と、お褒めの言葉も頂きました。

藤田君が毎日一生懸命練習していた成果が実を結んだことを、教員一同心から嬉しく思います。

出場した生徒皆さんが、それぞれの課題と真摯に向き合いながら、まっすぐに学生生活を送っていることが良く分かる、素晴らしい発表会でした。

10月8日に金剛禅総本山少林寺主催「達磨祭・禅林祭」が開催されました。

禅林学園からは、各家庭でいらなくなったものを出品する「バザー」と、お菓子とお抹茶を振る舞う「茶処禅林庵」という二つのブースを企画し出店しました。

初めての試みも沢山ありましたが、当日は盛況のうちに終えることができ生徒、教員共々大きな満足感を得ることができました。
お客様と共に和やかな時間を過ごせたことは、生徒にとって良い経験になったようです。

最後に、バザー出品の協力をして頂いた皆様、当日お手伝いに来ていただいた父兄の方々、茶道の先生方、計画実現の為にご支援くださったすべての皆様に感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。

平成30年度 9月3日~7日の日程で、前期集中スクーリングが開催されました。

家庭独修型で学ぶ生徒にとって、スクーリングとは初めて顔を合わす先生方や仲間達と一緒に勉強するかけがえのない期間です。

この5日間での出会いや経験は、きっと皆さんそれぞれの生き方に素晴らしい影響を与えたことでしょう。

次に皆さんと会うのは来年1月に行われる後期集中スクーリングですね。

今回受講できなかった家庭独修型の生徒の皆さんも、後期はしっかりとレポートを出し必ず受講できるようにしましょう。

H30年度 スポーツ大会

2018年06月27日

6月27日 水曜日

多度津スポーツセンターの野球場にてスポーツ大会が開催されました。

今年はソフトボールでした。球技を通してチームプレーの楽しさ、難しさを体験することができ、とても有意義な時間だったと思います。

当日はなかなか陽射しが強かったため、日焼け止めを塗っていない生徒はこんがりと焼けていました。教員も生徒に交じってバットを振り、お互いに良い気分転換になったのではないでしょうか。

平成30年6月16 ~17日に四国選手権大会が藤井高校で開催されました。

 

結果は、男子組演武の部3位、女子組演武の部5位、男子単独演武の部4位・6位、女子単独演武の部4位、という成績を収めました。

インターハイまでまだ時間があります。今回の大会を経て各自改善点が見つかったので、もっと上達できるように日々修練を積んでほしいと思います。

平成30年度香川県総体が多度津高校で開催されました。

 

朝、集合した生徒たちの顔つきを見るとどこか緊張した表情が見えました。

三年生は高校生活最後のインターハイ予選なので必死に練習を行ってきました。

結果は、男子組演武の部2位、女子組演武の部3位、男子単独演武の部2位・5位、女子単独演武の部2位、という成績を収めました。

悔しい結果になりましたが、この結果をバネに今後の練習に励んでほしいです。

5月23日に「葬儀社 総社花萬 セレモニーホール天原」の支配人である原田泰典先生を本校にお招きし、「生と死を見つめて、今をどう生きるか」というテーマのもと豊かな経験に基づく講話をして頂きました。

先生の生い立ちから人生観に至るまで様々なお話をして頂き、講演後の感想文記入の時間では生徒が黙々と感想記入に向かう姿勢が見られました。

生徒、教員共々非常に勉強になった1時間でした。原田先生、本当にありがとうございました。

5月13日、少林寺拳法創始者で、禅林学園を設立した宗道臣先生の法要がありました。

厳かな雰囲気の中で、生徒達も緊張感を漂わせながら手を合わせていた姿が印象的でした。

法要後は本来地域の清掃活動を予定しておりましたが、あいにくの空模様だった為、校舎と少林寺拳法総本山内の大掃除を行いました。

日頃、自分達が使う校舎や道場の汚れを隅々まで落とし、清々しい気持ちになりました。

日曜日登校ということで、しんどい気持ちもあったかもしれませんが、禅林学園ならではの貴重な経験ができたのではないかと思います。