ホーム > 学園生活 > 学舎の眺め

学舎の眺め

人が人を育てる心の教育空間

日々の学校生活などを随時、掲載していきます。

 

2月24日 多度津町スポーツセンターにて、ソフトボール大会を行いました。チーム編成は、クラスや学年をばらばらにした混合型で、教員も交じって試合に臨みました。各チームメンバーには、日頃なかなか話さない生徒もいたようですが、互いにコミュニケーションを取りながら、運動が苦手な人を得意な人がフォローしながら、自分の持っている力を精一杯発揮していました。今後もこのようなイベントから、体を動かす楽しさと共に、お互いをフォーローしあうことの大切さを学んでほしいと考えています。

 

 去る2月22日(月曜日)本校校舎にて、「障がい等体験学習」が開催されました。以下、禅林通信3月号の記事になります。

 ~~~学校の勉強が苦手で好きでないという生徒は多いのですが、心根はとても優しく、アルバイト等仕事に従事(じゅうじ)する心構えは、責任感が強く立派なものです。そうした優しさと責任感の強い本校の生徒にふさわしい学習は何か? その話し合いを先生達でしました。生徒心得にある「弱者から目をそらさない」ことだ、障がい者に目を向けよう、困っている人を助けようという精神を表面化させようという話になりました。

 そこで、身近にはユニバーサルデザインがたくさんある、障がいのある方をよく見かける、ならば、本校の生徒は体験学習を積めば、きっと困っている人を助けるだろう。確信がありました。優しい、仕事を本気でする生徒は、人の役に立つことを願っている、と。教職員みんなで、福祉教育に取り組もう!

 普通、学校の指導は教員がするものですが、校長はじめ職員室の先生、事務室、法人(ほうじん)職員(しょくいん)、学校中の教職員みんなでこの障がい体験学習の企画と準備をしました。そして結果、大成功でした。しっかり関心をもって取り組んでいました。家庭型独修の人達にも、機会を設(もう)けることシェアすることを考えていこうと思います。~~~

 日々の授業では学べない大切なことを、この学習を通して学ぶことができたのではないでしょうか。

1月28日(木) 家庭独修型の生徒の皆さんに面接授業、試験を実施する後期集中スクーリングが終わりました。

 家庭独修型は、集中スクーリングでの密集化を避けるため、4月より毎月日曜日の登校日に登校し面接授業を受けたり、県外生についてもリモート授業を実施したりして、この集中スクーリングでの密集化を避ける対応をしてきました。例年とは変わった形での学習活動だったため、生徒の皆さんには様々な苦労や戸惑いを与えてしまったこともあったかと思いますが、柔軟に対応していただき、感謝しています。

 3年生にとっては、最後のスクーリングとなり、感慨深い1週間になったのではないでしょうか。

 残念ながら今回のスクーリングに参加出来なかった人や、一部受けられない科目があった人は、次年度はそうならないようにしましょう。仕事と勉強の両立は大変ですが、学校側もサポートしていきますので、困ったことがあればすぐに連絡してきてください。

令和2年度 講演会

2021年01月18日

 令和3年1月17日(日)専門学校禅林学園(現禅林学園高等学校)の卒業生である、伊原義晃さんを校舎にお招きし、「禅林生のみなさんへ」というテーマのもと、豊かな経験に基づく講演をしていただきました。

 禅林学園の入学を決めた理由、在学中経験したこと、卒業後の進路、社会人になって、建設、建築関係の仕事を通して・・・。と、先生の青春時代から人生観、社会人論まで、様々な内容のお話をしていただきました。「他人と過去は変えられないけれど、自分と未来は変えられる」自分たちの通う学校の卒業生、OBである伊原先生から放たれた言葉の数々は、きっと、生徒の心を響かせてくれたのではないでしょうか。

 講演の後は、学校駐車場でビス打ちや溶接などの体験授業を実施していただきました。生徒も、初めての経験に初めは緊張していましたが、体験授業が終わるころには「面白かった」「勉強になった」と笑顔で感想を述べていました。

 良い講演会を開催することができ、生徒、教職員一同大変うれしく思っています。伊原先生、ありがとうございました。

 全国的な大雪明けから、寒さも緩んだ快晴の下、校内マラソン大会を実施しました。「寒い」「だるい」「めんどー」と言う生徒がいない‼誰一人マイナスなことを言わない。明るい笑顔でスタートを待っている。集合した時点で、実施してよかった、成功したと確信しました。

 案の定、一生懸命走る生徒、マイペースで楽しそうに走る生徒、声をかけあい励まし合う生徒達の姿を見て、先生、職員みんな感動で大喜びでした。

 学校で寒い中頑張った生徒を労おうと、あたたかい豚汁をふるまい、美味しそうに食べる姿を見て、「やっぱり、うちの生徒はかわいいなァ」と改めて感動しました。コロナ話題で暗い世間に負けない、元気な雰囲気となり、思い切ってやってよかったと思いました。

教職員一同

令和2年度 演武祭

2020年12月15日

令和2年12月4日(金)多度津町町民体育館(武道館)にて、第19回禅林学園記念演武祭が開催されました。

今年度の演武祭は、コロナ感染防止のため、来場者は保護者様限定にしました。

 また、来年度より校名変更を行うため、禅林学園最後の演武祭となり、さみしいものになりそうなところが、真剣な演武ときちんとした生徒の見学態度により、「よかった~」という感想でいっぱいでした。

 少林寺拳法部の部員による演武も、小さいころから習い続けている部員同士の演武はもちろん「ほ~」と感心します、習ったことのない人達は持ち前の運動神経で速い動きや迫力ある攻めで目が離せませんでした。上手かどうかは関係なく、一生懸命に取り組んでいたのが何よりです。はずかしくて照れ笑いしたりふざけたりする人が一人もいないのが、生徒同士の人間関係のよさの証明だったのではないでしょうか。

 そして何より、自分の出番以外での見学態度が立派でした。正座か半座で、仲間の演武を見守っているのだとわかります。

 今までいろいろな面でご理解や支援をしてくださった地域の方々、保護者の方々にとても感謝します。

 「自他共楽」自分の幸せはもちろん、(ほかの)人の幸せも考える!

 「自己確立」周りに流されず、やるべきことを真剣に取り組める!

 この演武祭で「力愛不二」を体現できたのではないでしょうか。

 以上、三つの校訓を実践する生徒の姿は、見る人みんなの感動を誘いました!

 感動をありがとう!!

令和2年度 遠足

2020年11月25日

11月11日(水)、遠足を実施しました。

長い道のりを歩くことに抵抗感のある生徒もおりましたが、数十分経つとみな歩くことの気持ちよさを感じはじめ、全員笑顔で歩き切ることができました。

今回の遠足の目的地は、丸亀市にある「中津万象園」です。美しいお庭を見学し、自然の素晴らしさを体感しました。

往復約7Kmの道のり、なかなか大変だったと思います。しかし、同級生、先輩、後輩、教員、沢山の人たちと歩きながら会話することにより、全体の親睦を深めることができ、良い思い出になったのではないでしょうか。もうすぐ記念演武祭が開催されます。日々の修練の成果を発揮するべく、体調に気をつけてコツコツ頑張っていきましょう。

令和2年10月28日(水)

 この日、生徒教職員共に協力して町内清掃を行いました。ハロウィン間近だったこともあり、各々仮装をして多度津町へ繰り出し、町内の美化に貢献しました。汗を流しながら一生懸命ゴミ拾いをする姿は非常に素晴らしく、生徒の皆さんの「こころ」の成長を感じた一日となりました。教員も気合が入っており、生徒以上に仮装を楽しんでいたようです。

 清掃が終わると、校舎へ戻りハロウィンパーティーを開催しました。清掃の疲れを甘いお菓子とジュースで癒し、生徒と教職員間の親睦を深めることができました。

 清掃作業は大変でしたが、勉強の時とはまた違った種類の「満足感」を感じることができたのではないでしょうか。みなさん、「誰か」のために行動した自分を、しっかりと褒めてあげてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和2年10月31日、香川県高等学校新人大会少林寺拳法競技が開催され、本校の拳法部員がこれに出場いたしました。

 

3年生が引退し、1、2年生だけの新チームで挑む大会。

今年度は、新型コロナウィルスの影響で本来催されるはずだった大会が次々と中止となってしまったため、この大会にかける思いも一入です。

 

結果は以下の通りです。

◆女子自由単独演武 第2位

◆男子規定単独演武 第5位

 

女子自由単独演武の1名が、来年3月に行われる予定の全国選抜大会の出場権を得ました。

今回の大会を通して、各々の課題がはっきり見えたと思います。

今よりも成長できるよう精進しましょう。

令和2年10月17日(土) 第68回全国高等学校定時制通信制生徒生活体験発表大会香川県予選会があり、本校から家庭独修型B組の村川樹乃さんが出場しました。

「過去の自分と今の自分」をテーマに「許せるなら」という題で、何百人もの前で素晴らしい発表をしてくれました。「どうにもならないことは、許す。これかも自分や周りを大切にし続けてほしい」と、最後の講評時にお言葉を頂きました。

様々な困難があった過去と、それを乗り越えてきた軌跡。これらのことを言葉で表現することはとても大変だったろうと思います。何度も練習した成果を、本番で堂々と発表する姿には、引率した教員はもちろん、大会関係者や来場者の心にも強く響いていたと思います。

出場した生徒皆さんが、それぞれの課題と真摯に向き合いながら、まっすぐに学生生活を送っていることが良く分かる、素晴らしい発表会でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓こちらは四国地区高等学校通信制生徒生活体験発表大会の表彰です。村川さん、おめでとう!