ホーム > 学園生活 > 学舎の眺め

学舎の眺め

人が人を育てる心の教育空間

日々の学校生活などを随時、掲載していきます。

 

令和元年度 修学旅行

2020年03月12日

 三月四日から一泊二日の日程で、登校独修型二年次生の生徒達が修学旅行「高知県四国八十八ヶ所霊場巡り」に行ってきました。今回は高知県の七ヶ寺をまわり。各寺のお寺で般若心経を唱えました。

 宿泊は第三十七番札所、岩本寺の宿坊に泊まり、翌日、早起きして岩本寺の本堂にて早朝のお勤めをさせて頂きました。また、昼食は鰹のたたき作り体験をし、藁焼きの鰹のおいしさに舌鼓を打ちました。桂浜も美しく、生徒達も満足している様子でした。今回の旅を通して地域の文化の大切さを理解し、また、心の修行ができたと思います。

 三月一日、禅林学園高等学校校舎にて卒業証書授与式が挙行されました。新型コロナウイルスの影響で、各クラスに分かれて式が進行されました。在校生や教職員による校舎の飾りつけ等を行い、手作りの温かい式になったなと思います。例年とは全く違う形で式が進行されましたが、特別で、思い出に残るものになりましたね。

 卒業生二十人は次のステージでも本領を発揮して頑張ってくれることでしょう。在校生の皆さんも先輩方から受け継いだ伝統をさらに発展させていきましょうね。

 

 去る1月27日~1月31日、令和元年度後期集中スクーリングが開催されました。

 参加した生徒によると、日々の仕事とは違った疲れがあるようで、しんどそうにしている生徒たちもちらほら見受けられました。しかし、計5日間大きなトラブル等もなく無事に終えることができ、ほっとしています。

 例年、集中スクーリングでは面接授業と試験を受けることになります。ですが、勉強という面だけでなく、なかなか顔を合わすことが無い先生方や仲間たちと親睦を深めるという意味でも、このスクーリングは良い機会になったことでしょう。

 家庭独修型の生徒にとって仕事とレポート学習の両立は大変だと思います。レポート学習を後回しすることで、レポートが溜まってしまい、なかなかやる気が出なくなったりします。出来るだけ、レポートが届いたら早めに取り掛かり終わらせるように心がけてください。また、来年度もこの学校webにレポートのヒントを掲載する予定ですので、活用してください。

 

1月17日 毎年恒例のマラソン大会が桃陵公園にて催されました。

前日の予報では降水確率40%だったため、もしかしたら道場で少林寺拳法の授業になるかもしれないと心配していましたが、当日は天気も崩れることなく無事に終わりました。

自分のペースを守り黙々と走る生徒、日頃の運動不足を後悔する生徒、良いタイムを目指し駆け抜けていく生徒。様々な姿が見られましたが、みな完走を目指し頑張っていました。

3年生はこの行事で授業終了となり自由登校期間に入ります。次回登校日は2月末ですので、次のステージに向けて自己研鑚に励んでください。

1月10日(金)登校独修型3年次生の最後の体育の授業が行われました。

普段は眠そうにしている生徒のみなさんも、体育の時は笑顔です。

この日はソフトバレーボールとバドミントンを行い、クラスや学年など分け隔てなく授業をたのしみました。

来週はテストやマラソン大会が実施されます。自分に妥協せず最後まで頑張り、良い思い出を作ってください。

 

今年の12月31日で生徒会は満期を迎え、令和2年1月1日より新生徒会となります。

今年度の生徒会メンバーの皆さん、1年間お疲れ様でした。

12月20日、冬休み前日に、校長先生から新生徒会のメンバーへ委嘱状が渡されました。
生徒会長、副会長、会計、1月からの1年間、みんなで協力し良い学校にしていきましょう。

寮生活を送っている生徒は夏休み以来の帰省です。
親孝行に、バイトに、友達との再会など、きっと楽しい年末年始を過ごすのでしょう。
年明けにはまた、たくさんの土産話を聞かせてください。

令和元年 大掃除

2019年12月19日

今年も早いものであと数日・・・。明日のHRが終われば冬休みです。
令和2年を迎える前に、年末恒例、大掃除を行いました。

普段の掃除ではなかなか時間が足りなくて細かいところまでできていないので、今日はしっかり、じっくり時間の許す限り校舎の掃除しました。日ごろの感謝を込め、集中して取り組めましたね。
みんな床磨きをしっっかりとしてくれたので、教室はピカピカです。

家にかえってもしっかりお手伝いをし、親孝行に励んでください。

令和元年12月7日(土)サクラ―トたどつにて、禅林学園少林寺拳法演武祭が開催されました。ご来場いただいた皆様に感謝申し上げます。また、演武祭開催にあたりご協賛いただいた方々に厚く御礼申し上げます。いつも応援していただいている多度津町長様、教育長様、地域の方々、皆様にお力添えいただいたおかげで今年も無事に催すことができました。心より感謝申し上げます。

今年の演武祭のテーマは「和」。私たちは自分と違う他人と生活をしています。人と人とは違う、だから、それぞれが役に立つ。自分にはできないことをそれぞれが補いあい、活かしあい、共存する。そんな「和」を演武を通して表現するため、生徒、教員共々日々稽古を積んできました。

また、今回は芳賀・備中高松スポーツ少年団、多度津中学校、関西高校OB、岡山教員支部、大阪産業大学の拳士の皆様にご協力いただき迫力のある演武を披露してもらったり、丸亀市民吹奏楽団の皆様に演奏してもらったりと、非常に内容の濃い演武祭になりました。

沢山の方々の協力のもと、素晴らしい演武祭にすることができたと思います。生徒の皆さんも、この演武祭を通して、一回りも二回りも成長することができましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月23.24日 愛知県豊田市のスカイホール豊田で2019年少林寺拳法全国大会inあいちが開催されました。

本校からは高校生団体演武の部、高校生女子組演武の部の各1組ずつ合計6名が出場しました。

3年生にとって高校生活最後の大会になります。演武祭練習や演武発表が続き、忙しい毎日を送っていた中での練習は、なかなかハードだったと思います。時には集中が切れてしまう場面も見られました。ですが、主将を中心にお互い鼓舞しあいながら各々の力を精一杯だし、後輩も先輩に負けないよう練習に励んできました。禅林学園高等学校生徒心得の〝上級生は下級生の手本となり、下級生は上級生を見習う〟を体現していたと思います。

結果を発表します。

 

高校生団体演武の部 優秀賞(2位)

高校生女子組演武  敢闘賞(5位)

 

でした。

ご指導していただいた監督、稽古に励んだ生徒の皆さんお疲れ様でした。また、応援に来ていただいた父兄の皆様や関係者の皆様に、お礼申し上げます。

 次は演武祭です。最高の演武を披露しましょう。

 

 

令和元年11月3日(日)少林寺拳法連盟中讃ブロック大会が行われました。

本校からは6名の生徒がそれぞれ組演武の部へ出場しました。

1人1人が目標を持ち、仲間として、またライバルとして励まし合い指導し合いながら練習に励んできました。

 

結果は以下の通りです。

 

◇組演武高校生有段の部 優秀   (第2位)

 

11月23日には愛知県で全国大会があります。各々課題も見つかったと思いますので、気合いを入れて頑張っていきましょう。