ホーム > 学園生活 > 維新伝心 ~校長室より~

2018年4月 維新伝心 ~校長室より~

現代人が人間関係が築けず孤立化しているというのは人と人との間合いに問題があるように思います。人と人とが一つでないといけないと思っている人は、人を敵か味方かで識別しているのです。人は敵でも見方でもなく良き協力者なのです。良き協力者たり得るためには良き車間距離ならじ人間距離が必要となります。人を支えあったかたちだと言いますが。人と言う字はもともと人のすがたをかたちどった字で支えが取れたら倒れるような人では困ります。一人で立ち人と助け合える人こそ真の人間なのです。