ホーム > 学園生活 > 維新伝心 ~校長室より~

2015年11月 維新伝心 ~校長室より~

流れる日日

2015年11月18日

2015.11.1811月は学校行事のオンパレード。
どれをとってみても手の抜けないものばかり。
今なお進行中。

7日の演武祭は、生徒達の一生懸命に取り組む姿勢を見ていただければ大成功。
その日の午後のオープンスクール、なぜ禅林学園なのか、こだわりの教育を知っていただくのが目的。

次の日のPTA総会では、初代の役員があっという間に決まった。残った時間、18歳選挙権について全員で話し合った。
私は大賛成。子供達の目を政治から離したのは大人達ではないのかな。勉強さえしていれば人の事、世の中の事は考えなくてもいいと言わんばかりの歴史の挙句の果てが、今の数々の教育上の問題の引き金になっているような気がしている。
選挙権を与え、大人としての自覚をさせることによって子供におきる内的変化・成長に私は期待するところが大きい。

そして、昨日、本校のSSW(スクールソーシャルワーカー)による講演会と教職員研修会があった。
教育における支援の問題が、最近急務となっている。生徒への音楽療法体験、教職員への専門領域の研修、知るということは判断する上でとても大切だということ、知らなかった怖さをつくづく思い知らされた。

まだまだ続く11月後半。
今年のラストスパートだ。